• 2016.8.2
  • クレンジングとウォッシングの正しいやり方。 はコメントを受け付けていません。

クレンジングとウォッシングの正しいやり方。

こんにちは。

マリコです。

昨日はサロンの先生方をお招きしてクレンジングとウォッシングの正しいやり方をレクチャーさせて頂きました。

洗顔

前々からもお伝えをさせていただいておりますが、クレンジングとウォッシングのやりかた次第で肌は変わります!

クレンジングの役割はメイクや皮脂汚れを取り除く事。

今は日焼け止めをご使用の方も多いですので必ずクレンジングは使うようにしてくださいね。

マリマドーナクレンジングでは合成の界面活性剤を使用せずに植物由来で優しく洗ってくれるので、クレンジング後の肌もモチモチですよ!

ロープレ

実際に手元で試して頂きながらお伝えおさせて頂きました。

クレンジングにかける時間は長すぎても短すぎても肌には良くないです。

短すぎて汚れが取り切れずに残ってしまうか、もしくは長すぎると必要な皮脂まで取り過ぎてしまうからなんです。

1分程度を目安に優しく円を描くように洗ってくださいね。

洗う際の温度にも注意が必要です。

お肌の皮脂が溶け出すのは33℃です。熱すぎると取り過ぎてしまいますので目安は33℃ぐらいで十分です。

ややぬるいなぁ~と感じるぐらいがちょうどいです。

テクスチャ―

続いてウォッシング。

ウォッシングは泡で洗うのがポイントです!

泡がミクロの汚れも吸着してくれるので毛穴の中に入ったファンデーションも落としてくれます。

マリマドーナウォッシングはユズ果実エキス配合でお肌のセラミドを保護しながら洗ってくれます。

ユズは日本特有の植物で、日本人の肌にとってお良く合う成分ですよ。

正しいクレンジングとウォッシングをすると洗った後はお肌がモチモチ(^^♪

そしてその後の化粧水の浸透力も変わるので、これだけで肌への効果が全然変わってきますよ。

すごい変化!!

思わずわぁ~と歓声があがりましたよ。

浸透力

手前の手の浸透力すごいですよね?

右手はそのまま手の甲に化粧水が残っているんです。

これくらい浸透力が変わるので、

毎日のクレンジングとウォッシングを見直すだけで肌への変化を実感できますので是非取り入れて下さいね!

サロンでは正しいクレンジングとウォッシングのやり方をお伝えさせて頂きますね(^^)

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る