• 2015.9.3
  • 恒常性(ホメオスタシス) はコメントを受け付けていません。

恒常性(ホメオスタシス)

こんにちは。

マリコです。

9月に入り暑い日と涼しい日の寒暖差が増していますね。

こういう時が一番体調を崩しやすくなる季節です。

私たちの身体には実は恒常性機能が保たれてますので、外部環境や内部環境に変化が起きても常に身体を一定に保つ機能が保たれています。いわゆる自然治癒力です。

そのため寒くなったり、暑くなったり変化をしても身体はついていけるのですが、実はこの恒常性(ホメオスタシス)が保たれていない時に風邪を引いてしまうんです。

お年寄りや子供はこの恒常性機能が低下していたり、未熟な為うまく働かずに風邪などを引いてしまいます。

この恒常性機能を維持するためには

自律神経、内分泌、免疫が大きくかかわってきます。

つまり、ストレスをためずにいること!体温を高めて免疫を上げておくこと!

自律神経と内分泌は繋がっていますので、ホルモンをしっかり分泌させるには自律神経を整えておくこと、つまり脳の視床下部を心地よくしておくことが一番大事です!

それが出来るのがなんと!!

【アロマトリートメントやフェイシャルトリートメント】なんです!

脳が気持ちよいと感じることが大切です(^^)/

そしてもう一つは【岩盤浴】

岩盤浴は汗をかくのはもちろん身体の体温調整してくれるため身体を温めて体温を上げやすくしてくれます!

この季節の変わり目には是非岩盤浴&トリートメントで恒常性機能を高めてくださいね(^^)/

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る