• 2016.5.24
  • 日焼け止めの塗り方! はコメントを受け付けていません。

日焼け止めの塗り方!

こんにちは。

マリコです。

5月なのに日差しが連日強いですよね~。

日焼け止めの消費が早いです。

日焼け止めは塗っているから大丈夫!ではなく、塗り方、塗る量がポイントです。

まず塗るときは出来るだけ着替える前に行いましょう。

身体の特に首回りやデコルテ、腕周りも洋服を着て出ているところを塗ろうとする方が多いと思いますが、

そうすると洋服と肌の際のところは実際塗れていないことになるので、

できるだけ着替えを行う前に全身塗るようにしましょう。さらにお顔は洋服などでもカバーできないので塗る量が重要です。

500円玉を2つ分、

日焼けこの量を2回重ねてつけます。

手で付けるとどうしても伸ばしてつけようとするので、特に注意をしたいのがこめかみライン。

日焼けどうぞよろしくお願いいたしますmr

この耳の横のラインは一番塗るのが薄くなるのでシミができやすいんです。

ロズまりでもシミ取りコースをされているほとんどの方がこのこめかみラインにシミができています。

ここは鏡をみても見落としがちなラインですので要注意です!

そして、日焼け止めを塗るときは、リキッドファンデーションなどもそうですが、

薬指で付けるのがポイントなんです!

薬指は一番力が入りにくいので優しく塗ることができるので塗るときに是非意識してみてくださいね~

そして、私の日焼け対策の愛用グッツ。

手の甲専用手袋。

手袋 手袋表

腕はカバーできないですが、一番シミができやすい手の甲をしっかりガード。

自転車に乗るときも、車の時も、ちょっと外への散歩でも必ず愛用しています(*^^*)

実は色違いで3色。ピンクとグリーンもあり洋服に合わせて手袋も楽しんでいます!!

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る